活動

2021緊急事態宣言

どこもかしこもコロナ肺炎 武漢肺炎の情報ばかりですね。

感染の恐怖におののいていることではないでしょうか?

 

大切な人の死亡に始まり基礎疾患のある方々の重症化と後遺症

犠牲を払って収束させかけていました。

緊急宣言で50日しっかり抑え込めたと思っていませんか?

しかし、熱しやすく冷めやすい日本人の特性が出てます。

 

解除後の感染者の拡大、羽田空港や成田空港には外国からの入国が始まっています。

陽性反応の国籍不明との発表。日本の税金で治療する費用。

命の重たさを考えればぜひ頑張って治ってほしい。

 

しかし、入国させて治療してハイさよなら」これは何とも医療関係者の徒労になっているのではないか

グローバルな交通網がもたらしている産物だろうと思います。

 

首都圏の緊急宣言しかし日程を見てみると2月8日まで

中国の旧正月を見ると2月9日から 5億人が移動する時期に符合しています。

入国制限解除に合わせて入国する旅行者。

そして国内に入院して2週間して帰国する。

日本に医療費とウイルスを残して帰る国の人々、

家賃に疲弊した日本の外食産業、更なるウイルス感染を残します。

 

医療関係の皆さんの安全、臆病なくらい生活が圧迫されている医療関係者や陽性患者。

早くワクチンの安全性、アビガンなどの安全性、

免疫抗体などの情報がしっかりした形で共有したいと思うのは私だけではないと思います。

 

さて、冬の寒さに換気の燃料代

いつまでマスク装着の生活をしなければならないのか?

解除後の解除、解放はいつになるのか気になります

 

感染源がどこにいたかルート確認できたようですが、ライブハウス、劇場、公会堂など

人数制限をする関係で収益は激減です。

感性経路不明で生活している方々、重症化していなくても

陽性反応の場合には生活環境が変わってしまうようです。

 

厚生省発表の入院患者がなぜ今だに国籍不明になっているのも不思議です。

 

14日間の隔離生活の後、陰性反応の後社会復帰した時に本当に感染源になっていないのか?

心配は尽きません。

自宅隔離の場合、突然の重症化に対応する救急隊の対応、

受け入れ病院の確保などまだまだ未解決。

完解した後肺炎のリスクはどの程度だろうか?

ちょっとした風邪で肺炎にならないだろうか?

 

Go on キャンペーンで感染拡大させてしまった離島、リゾートはどうやって風評被害を脱するのか?

日本列島を満遍なく活性化させるというものが公害バラマキの原因になったことを忘れていないだろうか?

この春に花粉症の話題が聞こえてきませんでした。

さらにインフルエンザの情報も少なかった。

ひとえに全員マスク着用の副産物だと思います。

 

本当に怖いのは風評被害の様々な業者ですね。

クラブ、ミュージックスタジオ、夜のお仕事、なぜ悪者になるのか?

コンサート会場、スタジアム、大きな声を出して応援したいチームサポーター!

 

ヨーロッパ型 アフリカ型など、ウイルス自体に変化が始まっているのではないか?

ウイルスの進化、人間の英知では追いつけない変化を示しています。

陽性になっても移動を継続した未確認陽性者。

各地に感染させて移動していた。

 

地方で感染した家族の村八分な環境、いじめに近い冷ややかな対応ではないか?

今まで感染ゼロで過ごしてきた気のゆるみ、

それもこれも日本の人口の1割が東京に集中している密集地域

密集の感染を今まで防いでいたことが脅威です。

日本人は昔から麹による食品を摂取してきた。

納豆菌・麹菌・味噌・醤油・樽付け・糠漬け、梅干し

ありとあらゆる発酵食品を何代にもわたって摂取してきた同一民族の民度の高さ。

この殺菌力も免疫力に影響していると思います。

自然災害に遭遇しても幾度も復興してきた歴史が証明している国民性。

清潔好きで互いを尊重する誉れ高き民族。

世界の人を助け、人を敬い、互助の精神を継承する。

これからも協力し合いがんばしましょう。

櫻井優司

PAGE TOP