レポート

フェイスエクササイズで感染を防ぐ免疫力を

L.Aフェイスエクササイズ
この顔にピンときたら
真似してください。
顔の周りには様々なリンパ腺が有ります。
涙腺、耳下腺、唾液腺、扁桃腺、甲状腺、
体液を分泌する腺が豊富です。
目の殺菌をするときには涙が大変有効な分泌液です。
その分泌を助けるためにまばたきを定期的に行います。
また食事をするときには噛み合わます。
ほほ骨に脇にある唾液腺、舌の下側にある舌下腺からの分泌が促され、飲み込むときにのどを痛めないようにします。
さらに熱いものを口に含むときには、息をフーフー冷ましますが、実は冷ます事よりも大事な口の中をやけどさせないように唾液でコーティングする役目を持っています。
このように様々な動きには大切な意味があります。
ですから、笑う、泣く、口を開ける、など分泌液を促すことになっています。
最近、多く症状が聞かれるのがドライアイ」ドライマウス」があります。
その多くはコミュニケーションツールのディスプレイです。
バックライトの発達により暗い環境でも文字を見ることが出来るようになりました。
瞬きをしないでも、文字や映像が目に入ります。
顔の筋肉を動かさないと分泌腺が働きにくくなります。
何より今回は高齢者の方々に注意が必要な嚥下障害!飲み込むことに障害がみられる症状です。
顔のエクササイズをすることで体液を分泌することが可能になります。
看護師さんからのご報告で、難病を患っている方がすることで、様々な効果があることも分かりました
リンパアクティベーション協会ではフェイスエクササイズの指導をしたセラピストが誕生しています。
顔の筋肉の位置、方向、ストレッチの順番などを指導しています。
※【リンパアクティベーション®】は商標登録です。
類似技術を提供するサロン、スクールにご注意ください。
『動かない脚が動いた!』プロスポーツ選手も通うリカバリーストレッチ
【営業時間】10時~19時 不定休
【場  所】東京目黒直営サロン 『AnnoLuce ~あんのるーちぇ~』
初めての方へ
リハビリテーション従事者の方へ
プロスポーツ選手も通うリカバリーストレッチメニュー
施術例・お客様の声
櫻井優司の経歴・実績
アクセス(目黒駅から徒歩3分)
メールフォームでお問い合わせ
(携帯電話からも可・別サイトのフォームに移動します。)
03-6420-0783
(留守電の場合、お名前とご用件をお願いします♪)
【このような症状に悩む方が、ご来店しています。】
#肩こり、#四十肩、#腰痛、#ストレートネック、#骨折、#リカバリー、#シンスプリント、#肉離れ、#股関節症、#捻挫、#脊柱管狭窄、#ヘルニア、#痺れ

アーカイブ一覧

アーカイブ
2020年8月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿

PAGE TOP