レポート

昔の傷跡「瘢痕」

一般に手術をした後に残る傷跡のことですが、時に大きく膨らむことがあります。
やはり自分の体を見つめることになるので、瘢痕は消したいものです。
スポーツ現場では手術をした後の選手には気を使います。
ユニホームを着用の時に傷跡が擦れて出血にならないか?
ソックスやシューズに当たらないかなどです。
最近はいいものが出てきました。
キズパワーパッドで瘢痕を隠し、傷跡を目立たなくすることも可能になりました。
また、スポーツやお仕事の後でアイシング、入浴で傷跡を柔らかくマッサージすることも必要です。
アイシングで発熱を取り、皮膚炎症を抑えます。
その後しっかりと殺菌してから皮膚を柔らかくする軽摩擦してください。
徐々に傷跡が小さくなって行きます。
自分の体ですから長くお付き合いしてくださいね。

 

アーカイブ一覧

アーカイブ
2020年10月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

PAGE TOP