レポート

年齢と戦う

年齢がそこここに現れてきています。
この自粛生活の時期に、多くの方からご質問いただいた状況ですが、
自身でもしっかり把握することになりました。
Aさんからはメールで
「自宅で過ごす時間が多くなり、かなり運動不足が気になりだしていて、体の重さだるさが
如実に感じられるようになり何とかしなければという気持ちになっている」
どうしたらいいのだろうと」と連絡をいただきました。
散歩やゆっくりジョギングなどを勧めてみました。
「人込みを避けて、散歩や広場でストレッチをして気分転換をしていただくようにお勧めしましたが、そうそうすぐに効果は出ません。」
なかなか鈍った体を元に戻すには継続的な生活が必要ですね。
また、私自身もこの時期に過去の資料に目を通し、書類や雑誌など断捨離をしようと整理を始めたのですが、
以前自分で書いた文字がよく見えない状態になってきました。
「あちゃ~!老眼が進んだみたいだ。」
気が付かないうちに目を細めて文字を見ていたので、眉間にしわの跡がくっきり
暗くなってきて廃棄しようと袋に詰めているともっと見えにくい状態になってきた。
どんなに運動をしても老眼と血圧は戻りません。
物理的な老化は残酷ですね。
有酸素運動がきつくなって来た時に発生するのが老眼です。
老眼は目のメカニズムだけではありません。
血液を運搬する能力、肺の中の気管支、肺胞の酸素通過速度などすべて関係してきます。
加齢により筋肉にエネルギーを送れなくなるため、筋肉痛が二日後に来たり、血管の柔軟性が低下したり、長時間の労働がきつくなってきます。
気管支の酸素通過速度と視力の関係は加齢だけの問題ではなく、若くても有酸素運動をしていないと視力の衰えは早くなると言われています。
特に血管年齢を測定すると顕著に現れているようです。
血液を運搬する心臓や毛細血管の柔軟性などが低下すると高血圧になってきます。
ではどのように加齢と戦うのか
先ほども書きましたが血管年齢を維持するためには適度な運動と食生活が欠かせません。
適度な運動というのは心拍数が100/分以上を20分連続することが目標です。
なかなか忙しい毎日が連続すると運動できません。
ましてや不要不況の外出を控えるように自粛の時期ですと大手を振って運動をするということもできません。
ちょっと隠れて運動しましょうね
「ちょっとハアハアする程度」にあげることが重要ですから。
そして、血管を柔軟にするルテイン・ビタミンB1 B6 B12  葉酸の摂取を頻繁にすること
「野菜・果物・発酵食品etc.」
また、加齢と戦うにはよく眠ることです。
脳の中の排出は睡眠時間が排出時間です。
脳髄液は頻繁に代謝しませんから、排出には大変ゆっくりとした時間が必要です。
この時間が睡眠時間です。
頭痛や体がだるい時は、前日の睡眠不足が影響していると思われ、脳髄液の代謝不良が考えられます。
排出が進みよい栄養素が取り入れられていれば老化の速度も低下し、
いつまでも若々しい体と血管でいられることでしょう。
よく運動し睡眠を確保し美味しい旬のものを食べることで
加齢に負けない体つくりを始めましょう。
やった人だけ得をする
櫻井優司

アーカイブ一覧

アーカイブ
2020年8月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿

PAGE TOP