講演・研修

メンタルトレーニング

スポーツは常にメンタルとの闘い

たまたま恩師の助言で出会ったフォーミュラーカーのレーサー。

どのスポーツでも緊張感は絶対必要な精神状態です。

メンタルコントロール」その頂点に君臨するスピードと闘うレーサーのメンタル。

同じコースを何度も走っていてもその都度コンディションが変化する路面とタイヤとの摩擦を体感し微妙なコントロールを繰り返さなければなりません。

数値に出ない滑り出しをコントロールしてゆくためには、体すべてがセンサーになっていることが重要です。

予選前のメンタルコントロールは重要な情報を受け止める受信状態を研ぎ澄ませます。

マシンの状況をメカニックに伝え、決勝に備えるため的確な状態を伝えます。

この状況の精度を高める事に終始します。

決勝が始まるまでにマシンをセッティングしなおすことが要求されます。

この時間にトレーナーは選手に適格な精神状態を提供します。

「気負いは禁物!」

強さと繊細さがアクセル、ステアリング、ブレーキングに微妙な違いを与えます。

恐怖に打ち勝つ一言が選手を奮い立たせます!

予選のタイムが悪くスターティンググリッドのポジションが後ろになった時には、

特に気を付けなければなりません。

「くっそー」。ポジションアップを狙ってゆく」という気負いが心を覆うと自分を見失い、

無理な速度でコーナーに向かいスピンをして終わってしまうことになります。

「気負い」と「状況の変化」にギャップが生まれた時に小さなミスを生むことになります。

平常心はトレーナーの言葉一つで選手のメンタルをコントロールすることが出来ます。

意思の疎通も大事ですが、選手の心に何が潜んでいるか?

筋肉だけではない力の存在を伝えます。

目と耳以外に感じるものを伝えることが必要な時があります。

適度な緊張と呼吸法・平常心を取り戻す瞬間を伝えます。

また追撃するときの闘争心も育てます。

多くの選手を見てきたからこそ伝えられる方向性、目標をその場でその瞬間に判断できる手法があります。

紙で書いたコンサルではありません。実践してきた経験が言葉以外の幅を伝えることができます。

一流の選手が通過し経験していたメンタルの基礎を持っています。

基礎は同じですが使い方、出し方、留め方が違うだけです。

トップアスリートの持ったメンタルは柔軟で興味深いものばかりでした。

現場で何か足りないと思っている監督・選手の皆さんに提供できる情報があります。

物足りなさは選手の満足度です。

PAGE TOP